健康コラム

簡単ズボラ健康法「メタボ、ぽっこりおなかにさようなら」

ぽっこりお腹をなんとかしたい。なんとかしないと。

でも、なんとかなるの?痩せるしかないの?!

減量は、生活習慣や食生活から根本的に見直さなければなりません。こうなると大ごとですから結局やらない。で、ぽっこりお腹継続してしまうんですよね。

運動をするといっても、腹筋ってなぜか続かない。お腹が邪魔してうまくできない。

今日は「ぽっこりお腹とさようなら!簡単ズボラ健康法」をご紹介します。

ポイントは、無理なく簡単にできる。回数は少なく。時々ほんのちょっとしんどい。で、効果が出る!です。やらない理由はありません!

いつの間にか、ぽっこりおなか

食べても太らなかった。運動しなくても太らなかったはずなのに。

毎日の飲み会が続くからぽっこりおなかになるのか、運動する時間がとれないからぽっこりおなかになるのか、全体的に太っている訳ではないけど、おなかがぽっこりするのか。。

ちょっとおなか出たなと思ってたころは、食べる量を減らしたり、お酒を減らしたり少し体を動かせば、元に戻ってたのはいつのことか。

健康診断でメタボですね。とか痩せましょうとか言われるようになってしまって。そういう体になる頃には体を動かす気にもならない。

こんな体で運動したら膝に良くないとまで言われ、私はどうすればいいのやら。。。

今日はそんなあなたに地味だけどよく効くお腹痩せをご紹介します。

 

標準体重なのにお腹ぽっこり、なぜ?

標準体重くらいでぽっこりお腹で悩んでいる人が結構いらっしゃいます。そういう人はちょっとくらい運動しても、ちょっと体重が減ったくらいでもそのお腹が凹むということはありません。ですよね?

ぽっこりお腹の種類

ぽっこりお腹は大きく2つに分けてみてみましょう。

あなたのぽっこりお腹にシワがありますか?3本くらいシワが入っているか。それともシワがなく、ほんと妊婦さんのようにぽっこり。

これって両方とも姿勢が原因です。とても簡単に言ってしまえば、下半身の筋力低下によって、骨盤が歪んでしまい、その結果肉がはみ出ています。さらに、腰痛をお持ちの方も多いはず。

 

シワがないぽっこりお腹

普段の姿勢、できるだけ背筋を伸ばそうと意識されている方が多く、見た目には猫背になっていない方。多くは腰が反っている場合があります。

立っている姿勢を少し変えてみましょう。足もとです。

足を開いたところからかかととつま先を揃えて閉じます。まずこれだけでもお腹凹みませんか?

膝をピンと伸ばしすぎないで、少し遊びを持たせて立つといいですよ。

次に、左右どちらの足でも構いませんので、一歩後ろに引いてみましょう。そうするとさらにお腹が凹みますよね。凹むのがわかりにくい場合には(お腹の肉のせいで!)おへそより下の部分がキュっとしまっているような感覚で立てていればOKです。
薄味の感覚かもしれませんが、研ぎ澄まして感じてみてください

ここで、お尻の状態をチェックしてみてください。

 

 

お尻がキュッとしまっていませんか?お尻が凹んでいます。(これ、お尻エクボと言います。)お尻が骨盤を安定させてくれてちょうどよい位置にサポートしてくれています。

骨の位置が正しい位置にあることで、お腹が凹みさらに姿勢をちょうどよいところで保つことができますので、腰に負担がかからずラクに立てているのではないでしょうか?

シワのないぽっこりお腹は、下半身の筋肉が落ちてしまって、腰が支えられずに、腰を反らせて胸を張って立っている状態です。

この立ち方は即席ですが、骨盤を支える太ももの中心で体を支える仕様になるので、腰を反って太ももの前を使って、体を支える必要がなくなりますから体がラクになりますよ。

実践者の声「みのわさん!凄いですね!効果絶。凹ませようとしてお腹に力入れる時って、背中にも力が入っちゃいますよね!でもお腹が意識せずとも凹むので、背中に必要以上に力入れなくても綺麗なフォームを作れてる気がしたのですが、素人なので気のせいかもですが^^」

みのわ「おへそより下のお腹は昔から丹田とか臍下せいかの一点と言われる場所です。
下腹ともいいますし、肚がすわっているとか、肚に落ちる、肚黒い。笑の肚ー心と体の落ち着くべき場所です。
体の中心でもあり、ちょうど骨盤の中心。背中側はちょうど背骨の土台の部分になります。から土台が安定して自然に背筋がS字カーブですよ♪」

「なるほど。背筋が伸びる感覚もありますね。」

みのわ「そうなんです!背筋を伸ばそうとするのではなく、背筋は伸びるという感覚がとっても大事です♪」”やじろべえ”のように、上半身に無理な力が入らない状態になればOKです。

腰が反らせて体を安定させようとする場合、太ももの前側に負担がかかり、膝が伸びきっています。少し膝をガクガクと動かして膝が力まない程度に緩めてあげるのもよいですね。立っているのがラクになりますよ。

シワがあるぽっこりお腹

鏡餅のようにシワがくっきり入ったお腹の持ち主は、猫背のせいかもしれません。下半身の筋力低下で、腰が支えられなくなり、背中が丸まった状態のために、お腹がたるんでします。

背筋を伸ばそうとするだけでもお腹は凹みますよね。でもこれ背筋を伸ばそうと気をつけ!では継続できず3分もすればすぐに姿勢が崩れてしまいます。

この場合、かかとをつけてつま先を開くようにして立ってみてください。そうするとお尻がキュッとしまります。(普段はお尻がしまってなかったってことですから気をつけて!)

そしてお腹は凹みましたねー。お尻に力を入れるとお腹も引き締まります。さらに、膝が伸びていますね。

膝が曲がっているとおなかがぽっこり出てしまいます。腰抜けみたいな姿勢になりやすいのです。猫背だと普段、膝が曲がりやすいので、気がついたときでも構いません。膝裏からピンと伸ばすだけで、お尻に力が入って、キュっとお腹が凹みますから。

お腹が凹まなくても、おへその下にしっかり力が入っているならOKOK!!まずは「ハラに力が入っている」感覚が大切です。

また座っているときにお腹に肉がたまる人は、座っている状態でつま先を立てて、膝を閉じるだけでOK。姿勢をキープしつつ、お腹が凹んでいますね!

さて、足もとから姿勢を整えるだけで、お腹が凹んじゃいました。

凹まないお腹を簡単になんとかしたいの!

足もとから姿勢を整えるだけで少しマシにはなった。お腹に力が入る。けれども、まだまだ私のぽっこりお腹はしぶとい!

お腹痩せの筋トレといえば、やはり腹筋でしょうか。でも腹筋って、結構キツイんですよ。だから続かない。続けれない。もう起き上がってこないでそのままフィニッシュ。こんな感じでしょうか?

簡単ズボラ手抜き健康法ですから、今回腹筋はしません。でも凹ませてみましょう。
寝転がって足あげるだけ運動にチャレンジ!です。

そのお腹凹ませたいなら、腹筋するより、あおむけに寝そべって手はバンザイ!腰が床から離れないようにして、足を1センチでも浮かせてみて。

これ地味によう効く!簡単に腹が凹む。

ウエストが削げるようにくびれる! 毎日たった10秒チャレンジ。

これは腰に負担がかかる場合があります。腰痛の方は特に注意してください。腰が床から離れないこと!がポイントです。


・「やってみました。10秒がキツイ。自分でもびっくりの筋力のなさを痛感。地道にコツコツとやってみます」

・「超キツイです!10秒もあがらない!肩甲骨辺りのコリ、内腿、お腹...改造箇所沢山〜〜」

 

みのわ「お腹の力がないと、1秒でもキツイし、心臓がバクバクいいます。1秒でキツイ方は次は3秒目指してください。時間を目標にしたら腰浮いたりするからNG。無理しないで。できないことは伸びしろです!落ち込まずやっていきましょう。

きつかった方、腰痛が...という方は、仰向けで寝て膝を立てて三角に。膝とくるぶしをくっつけた状態から少しだけかかとを浮かす。腰が浮かないようにする。からはじめてみましょう!」

寝る前に畳やお布団の上で足上げ運動をしてから寝ると、これぐっすり眠れるんですよね。 試してみてください。

腰が浮かずに足があげられるようになれば、手も少し浮かせて、あごを少し引くようにして頭も浮かせてみましょう。足が上がることではなく、おへその下のお腹にグッと力が入れられるようになることがポイントです。ですから、足を高くあげる必要はありません。1センチ、3センチでも少し浮かせるで十分です。

 

まとめ

足もとで姿勢を整えるだけでお尻に力が入って、結果、ぽっこりお腹は少し凹みましたよね。またその凹んだときに、おへその下に力が入りましたね。これがぽっこりお腹解消のポイントなんです。

ぽっこりお腹解消すると同時に下半身の筋力を取り戻すことができ、姿勢を保つことができ腰に負担がかからない腰痛予防の立ち方ができる。

そして、最後の足上げ運動で、抜けきってしまった「ハラ」に力が入るようになるんです。そうすれば、全身のバランスがよくなって、体重が変わらなくても体が軽く、そしてラクになります。この感覚をぜひ味わってほしい。

自分の体に目を背けがちであっても、体が変われば向き合えるようになるもの。

今まで体の手入れをきちんとしてこなかったから、変化を感じにくいという方もいるかもしれません。でも感じる練習だと思って自分に向き合ってみましょう。薄味でもしっかりその変化を感じ取れるようになれば、少しずつ体のことがわかるようになってきます。

ぜひ実践して変わる体を感じてみてくださいね。

私のSNS投稿で人気があった「簡単ズボラ健康法」は今後またシリーズでお届けしますね。

 

ウォーキングレッスン開催

現在のところ予定はありません!

受講生のみオンライン個人レッスン承っていますので、ご相談ください。

普段の歩きを効果的なウォーキングに変換する足首バンドの取り扱いをはじめました!

→ご紹介ページ(別ウインドウが開きます)

外反母趾、姿勢改善、足のむくみ解消、扁平足で足が疲れやすいなどお悩みの方に愛用いただいています。またご高齢の方の歩行サポート、筋力アップ(介護予防)、足首の安定、つまずき転倒予防にもご活用いただけます。

みのわあい。健康講演会、ウォーキング講習会のご依頼、お問い合わせ先

健康講演会のご相談などお気軽にお問い合わせください。

→安全大会での健康講演会「健康が安全の土台!」ご相談受付中

ご相談、ご依頼フォーム

→講演のご計画、ご依頼から開催までの流れはこちら

参加型!健康エンターテイメント講演について

みのわあい。のご提供する「参加型!健康エンターティメント講演」では、なんとなく知ってるようで知らない、知って得する内容に、なるほど納得!楽しくてタメになり、笑いで会場が一体となるような講演をお届けします!

進行は、講話に実践を交えながらの参加型の講演スタイル。

心とカラダの健康について、できる限り簡単に、わかりやすくお話しながら、全員参加のクイズや、健康チェックなど、まるでTVの健康番組のように楽しみにながら、皆さまに役立つ実践的な内容をプログラムしています。

皆さんが、日々実践でき、無理なく継続できる「健康のコツをしっかりお持ち帰り」いただきます。

プロフィール

ダウンロード(PDF)iwalk

[みのわあい。からのお知らせ]

みのわあい。の「参加型!健康エンターテインメント講演会はリアルでの開催・オンラインでの開催、またハイブリッド開催も承っております!お問合せフォームよりお早めにご相談くださいませ。

5月17日発売!著書『骨盤革命』(自由国民社)1日1分の骨盤スクワットで美姿勢になれる!
全国書店、Amazonにて好評予約受付中!

友だち追加
健康習慣をアップデートしよう!!
「見るだけで!」からだが変わる日めくりカレンダー
(1ヶ月分の日めくりで繰り返し使えます)
好評発売中!

友だち追加
iwalkみのわあい。の無料のLINEレッスン講座
1日1分でできる運動や、季節に役立つ健康情報をお届けしています。

友だち追加
LINEから@iwalkで検索!
現在、約500名の方が受講しています!

-健康コラム
-, , ,