講演テーマ(演題)

安全大会での健康講演!体感型「安全意識啓発」講演ご依頼ください。

安全大会のご依頼、お問い合わせを多くいただいております。

ご相談の方は、まずは日程と費用をご連絡をください。
→問い合わせフォーム
→ご依頼から実施までの流れ
安全大会での講演では、安全と健康に対しての意識啓発を目的にして、私みのわあい。のご提供する全国で1万人超が受講した「参加型!健康エンターテイメント講演」では、仕事をする上で土台になる「健康」をテーマに、参加者が実際に体を動かしたり、チェックしたりと「実践」して「体験」する「体感型」の講演です。

エンターテイメントというのは「健康」について、参加者が「笑って楽しめる」プログラムです。できるだけ簡単に分かりやすく実感いただきます。健康をお話するときに、「あれはダメ」「これはダメ」「これをしなさい」というお話はしません。ただ、自分の知らなかった心身についての変化を実感することで「腑に落ちる」ため、明日から実践しようというモチベーションを生み出します。 

特徴としては、全員参加で笑う、実際に身体を動かす、誰も寝ない「健康」と「安全」の意識啓発講演が、参加型!健康エンターテイメント講演です。

NEW!!! →安全大会講演の動画(オンライン他 講演会の様子)

・講演テーマ・


安全大会 安全と健康意識啓発

「健康第一!安全第一!」職場の安全は、一人ひとりの健康な"こころ"と"からだ"で 守る ! 

健康の三要素って何?

私たちの健康をつくる三要素は、暮らしの中にあります。それは・食事・睡眠・運動 です。住まいの健康がその土台にあります。

毎日の健康づくりのコツは「コツコツ」。そう、毎日の継続です。そのためには特別な運動をするのではなく、当たり前のように行っていることを運動に変えることが大切です。

参加型!健康エンターテイメント講演では、主に「運動」についてお話します。それは特別なことではなく普段から体の使い方。たとえば、呼吸や姿勢、歩き方。これらは無意識にしていることなのですが、間違うと不健康にもなりますし、意識することが、あなたの健康づくりへのきっかけとなります。

 

食べ過ぎ 飲みすぎどうすれば?!

食事については、あれはダメ、これはダメではなく、たった「ひとつ」だけ。

 
とっても簡単なひとつのことを守ってもらうことで内臓の負担を減らす食べ方につながります。「よく噛む」なんだ当たり前じゃないか。ではどうして?理由は?そのお話を聞いた皆さんは、納得されます。なぜかを知らないからやらないのです。なぜかの理由を知るとさぁ今日からやろうとなるものです。
お子さんはよく噛んで食べていますか?子どもには注意していても自分が実践していないからです。親の真似をします。よく噛むことができると脳の発達とも関係しますが「ものごとを噛み砕く」というように、難しいことにもチャレンジする力が身につくとも言われています。

私たちの身体の疲れの大部分は内臓疲労。次の日に疲れを残さないためには「食べ方」が大切です。
 

寝ても疲れがとれない原因は何?

睡眠については、働く男性のお悩みに多いのが「いびき」「無呼吸症候群」など。
口呼吸、鼻呼吸聞いたことがありますね。そして口呼吸がよくないのもご存知かと思います。ではどのようにして改善すればいのでしょう?
私は顔をみたら「この人は寝てるときいびきかいてるな。」と分かるのですが、どうしてかというと、普段の呼吸が影響しているからです。呼吸は顔をつくります。呼吸を変えるといびき改善だけではなく顔つきもいい笑顔に変わってきます。そのコツをお伝えしています。

寝ても疲れがとれない。(または眠れない)これは疲労回復していないということなのですが、その一つの原因は呼吸にあります。子どもの頃は、どんだけ疲れてバタンキュと寝て起きた次の日は元気だった。何が違うの?ただ年をとったということで片付けるのではなく、老化したのかをチェックします。呼吸がしっかりできる身体をつくるエクササイズをお伝えします。

(参考記事)→あなたの寝不足大丈夫?睡眠負債を解消しよう!

1日300歩を運動にするコツ!

「1日一万歩歩きましょう!」「20分以上の有酸素運動」これからの暑い時期にはあまりおすすめできません。たくさん歩かなくても、普段、移動手段として歩くときに「歩き方・ウォーキングフォーム」を意識することで、歩くことが健康づくりにつなげていきたい。

だから「ただ歩けばよいのではない」のです。なぜかというと、私たち日本人は、生活様式の変化に体がついていっていません。外国人からみたら日本人の歩き方は変だとか言われるのはそのせいです。私たちはすり足をするように足を使います。草履を履いて、着物を着ていたからです。

また日常生活では「しゃがむ」動きが多く、そのことで股関節をよく使っていました。今は、ほとんどしゃがみません。和式トイレ使いますか?お布団の上げ下ろししていますか?食事はちゃぶ台ですか?ほとんどしゃがまない生活ですので、今の子どもたちの多くは、お相撲さんが四股踏みするような格好や、いわゆる「ヤンキー坐り」ができません。

今の生活様式と生まれ持った骨格、体の使い方を一致させるような歩き方・ウォーキングフォームを知ると誰もがその方がラクで自然だと理解し身につけることができます。
 

たとえば、「足はどこから?どこまで?」「小学生のときから実は知っていた筋肉の使い方」など、その場で変化を感じながら、健康につながる歩き方のポイントをお伝えします。

私は、たくさん歩くことで健康になるとは言いませんよ。1日たった300歩でいいのです。「どうしてなの?」この続きは講演で!

安全意識が健康な身体をつくる!

ご提供する参加型!健康エンターテイメント講演「安全大会」の健康講演では、安全意識と健康意識の啓発が目的です。

参加型!健康エンターテイメント講演では「安全」「健康」意識について「安全姿勢」を全員ができるようにします。

 定評をいただいている「安全姿勢」の指導。

現場での「安全確認」で「指差し呼称」などを実践されていらっしゃると思いますが、実際に安全確認、指差し呼称をした際に、身体がどのようになるのかを実験します。その際に「心身脳」のつながりを体感いただきます。

口で100回いうより、この体験をしていただくことで一回で腑に落ちて、明日からの安全行動につながります。

参加者全員が同じ体験を共有することで、社内や現場での意識統一にもつながります。安全意識を持つと、脳が作用し、「ハラがすわる」「地に足がつく」「視野が広い」「すぐに反応できる」からだに誰もが生まれ変わることができるのです。
 

つまづき転倒予防

職場・現場での安全確保のため、転倒予防のために「整理整頓」は当たり前のこととして実践されていることと思います。それでも転倒やつまづきの怪我、事故がなくならないのはどうしてでしょう?

仕事中に転倒して仕事を4日以上休む方は年間26,000人ほどで、労働災害の種類ではもっとも多くなっています。 日常生活での不慮の事故による死因野中でも、転倒転落死は交通事故を超えています(平成25年度 厚生労働省「死因別死亡者数の推移」)

それは、あなたの「足の老化」が原因です。このプログラムでは、全員で「足の老化チェック」を実施。健康診断では足の老化チェックなんてないですよね。どのくらい衰えているのかを実感いただきます。
 

またそのことが、あなたの心臓への負担とも関連していきているのです。足と心臓は繋がっています。ふくらはぎは第二の心臓。ふくらはぎの筋肉がポンプのようにしなやかに動いてくれないと、心臓が血液を送り出し戻しという動きをサポートすることができません。

 
これらを歩くことで解消する方法をお伝えしています。歩くたびに血液が心臓に戻るのをサポートできるのです。そのためには、ただ歩けば良いのではないのです。歩くコツをお伝えします。
 
 
 

男性のお悩み1位「腰痛」の予防と改善策

男性の悩みで必ず手があがるのが「腰痛」です。腰痛の原因は様々ありますが、腰痛は腰そのものに原因があるとは限りません。それは腰痛だけに限らず、すべてはそうなのですが、別の原因があってその結果、腰が痛い、足がつる、肩が凝る、目が疲れるなども同じこと。

私たちのカラダは、プラモデルのようにパチッと貼り合わせてできているのではないからです。どちらかといえば、着ぐるみのようです。一枚でつながっています。

 

腰痛予防と改善のための運動と体の使い方をお伝えしています。写真のように手を組んで頭上にあげます。中には、手がそもそも組めない。手が頭の上まで上がらない。会場からはいろんな声がもれてきます。「この状態が、あなたの今の体の若さです」

また歩きながらできるので、ながら時間で簡単に取り組んでいただけます。たとえば、お手洗いにいくときや、移動するときなど...ながら運動で簡単にできる腰痛予防改善策です。他に日常の体の使い方も大事です。体の使い方が悪いと無理が蓄積して腰痛やぎっくり腰の原因となります。重い荷物を持つ時の姿勢や体の使い方などもお伝えしています。

「腰痛」は、もともと高齢者に多い悩みでしたが近年のパソコンの普及でデスクワークが多くなり、男女ともに、30代以降から急増します。「腰痛」は、男性1位、女性2位の自覚症状のある悩みです。( 厚生労働省の平成28年度『国民生活基礎調査』より)

 

熱中症に注意

熱中症とは高温多湿の環境下で体内の水分、塩分のバランスが崩れ、体内の調整が機能せず発症する症状です。

実は、熱中症とは思わない人が多く、手遅れになると危険です。

頭痛がするとか食欲が落ちたとか、微熱があるとかめまいがするとかで、別の症状だと思わずに、まずは熱中症を疑ってみてください。

■水分補給

1日に体内から2.5Lの水分が体外に排出されています。のどが乾いてから飲むのでなく、その前から飲んでおくことです。少量ずつでよいのでちょこちょこ飲むのがコツです。水が苦手な場合には麦茶やルイボスティーなどノンカフェインのものを。

緑茶やコーヒー、紅茶はカフェインが多く、また糖分の多いジュース、アルコール類は利尿作用ありすぐに尿になるため水分補給にはなりません。

またお酒のお好きな方も注意したいところです。朝起きてお酒が残っていたり寝不足だったりすると熱中症になりやすくなります。アルコールが体内に残った状態では、汗をかいていなくてもスポーツドリンクなどを飲むようにしてください。それよりは、やはり飲みすぎには注意しましょう。またお酒を飲む際には適度に水も一緒に飲むようにしたいですね。

■塩分やビタミンの摂取

塩は天然の塩がポイントです。ミネラルが補給できます。暑さでビタミンCが失われていきますので取り入れたいです。私は、お水に有機栽培(オーガニック)のレモン果汁などを加えています。時々ルイボスティー(ノンカフェイン)にレモン果汁を加えたりして味の変化を楽しんでいます。

また、疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれるクエン酸。食用のクエン酸の粉を溶かすのもいいですが酸っぱいのが苦手な方ははつみつを加えるなど工夫が必要ですね。

 

■経口補水液

食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かしたものである。これを飲用する事で小腸において水分の吸収が行われる。(wikipedia)

暑さや運動などで大量に汗をかいた場合(服を着替えたいほど)また脱水症状を感じた際には、電解質(ナトリウム、カリウム)濃度が高く、体内にすばやく補給されるので効果的です。ただし、塩分濃度が高いため、高血圧の方やお薬を飲んでいる方は、お医者さんに相談してください。

■食事でとりたい栄養素

暑いとどうしても食事があっさりしたものばかりになりがちで栄養不足に陥ることも。ビタミンB1が不足すると、乳酸などの疲労物質が体たまって疲れやすくなります。体が疲れる、食欲がなくなった。倦怠感におそわええるなど。いつのまにか熱中症になっている・・・ということにならないように。ニラや豚肉などイメージしてスタミナ付くなと思うような食材にはビタミンB1が含まれています。他にお豆腐やお味噌などの大豆製品にも含まれています。食欲も増進させ、体内のアルコールを分解する働きもあり積極的に摂りたい栄養素ですね。

 話たくも、毎朝の納豆ごはんは、夏場はどうしても重たいので食べていなかったのですが、納豆に小さいトマトやみょうが、シソなどを入れてアレンジするとさっぱりで食べやすくなりました。(福岡のおみやげ、日本全国ごはんのおとも第2位のしその香ひじきも混ぜると最高!)このアレンジは好評です。
また夏野菜は水分が多く、体の熱を冷ましてくれます。キュウリやナス、トマトなど積極的に食べるようにしたいですね。おやつは、キュウリに塩をかけるなどはよいですね。
 

■「熱こもり症」にも注意!

汗をかかない体質の人は特に注意が必要です。

これから暑くなると、現場では外にいても帰宅するとクーラーをかけっぱなしの人も多いのではないでしょうか。クーラーのある部屋で過ごすと体は冷えています。その状態で日中、太陽を浴びると、脳が、冷えた体を温めようと太陽熱を体内に取り込んで、熱が外に逃げないように汗腺を閉じて汗が出ないように制御します。ですから、日中にサンサンと降り注ぐ外にいて体温が急上昇しても汗を出す機能が作動しないのです。そのため体内に熱がこもります。これを「熱こもり」といいます。

熱中症とは違い、「熱こもり」は体温が上昇した際に、汗が出ないことで頭痛や嘔吐などの状が出ます。

暑い時は無理しないで、これまでよりペースを落としましょう。人間が活動できる適温は25度と言われています。それ以上になると身体に負担があります。頻繁に休憩したり、昼寝も取り入れましょう。

 安全大会の講演実績

安全大会講演の主催者コメント・参加者の声

[主催者の声]

 

 

 

[参加者の声] 安全大会参加者が、SNSでメッセージを届けてくださいました。

安全大会講演レポートはこちら

→他の講演での主催者・参加者の声をきく

安全大会の講演実施にあたってのQ&A

■幅広い世代が一緒に受けるので体力差などが心配です。

健康というテーマは老若男女に共通した関心事項です。講演内容は、テレビの健康番組のような構成になっているので、年齢問わずご参加いただけます。

役職別研修等では得られない一体感や、社内、また協力会社での共通認識を持ち、安全な現場、職場づくりへの意識を一体化させることが可能です。

■会場の広さはどのようにしたらよいですか?会議室で机と椅子などがあるのですが、体を動かすことはできますか?

机や椅子があっても問題ありません。講話を交えながらの実践型スタイルの講演ですので、健康クイズや座ったままでできる健康チェック、その場で立ってできる簡単な運動やエクササイズなどを盛り込んでいます。その場ですぐに変化を実感いただく内容で、理解するだけでなく実感することで腑におち、講演後も日常生活で運動を継続するきっかけとなります。

ウォーキングはどうするの?ということですが、スペースがない場合には歩くための理論を簡単にわかりやすく解説し、またその場でポイントを実感いただきます。「歩くのは、この会場を出てから実践してくださいね。毎日いくらでも実践できますよ。」とお伝えしています。どのような会場でも、会場にあったかたちでの講演スタイルをご提供いたしますので、ご依頼時にご相談ください。

■当日はどのような服装で参加すればよいですか?

着替える必要はありません。スーツや革靴でも参加いただける内容です。当日の会場や参加者の服装によってエクササイズや運動の強度を考慮し対応いたしますので、ご安心ください。

■参加人数が1000人を超えますが大丈夫でしょうか?

会場の収容人数内であれば問題ございません。これまでアリーナ等の会場で3000-5000人での講演も実施しております。また人数の多い場合には、どうしても会場の気温が高くなります。担当の方には空調の温度設定について気にかけていただければと思います。公共の会場等の場合は、何度以上にならないと空調を作動させないなどありますが、実施内容をお伝えしていただき柔軟に対応いただくようにお願いいたします。

講演のご依頼、お問い合わせ先

講演のご相談などお気軽にお問い合わせください。→講演のご計画、ご依頼から開催までの流れはこちら

  ご相談、ご依頼フォーム

参加型!健康エンターテイメント講演について

みのわあい,講演,講師,安全大会,安全衛生大会,人気講師,講演会,健康講演会,健康講演,健康指導,インストラクター,健康,女性講師,デューク更家,ウォーキング,安全衛生,労働衛生みのわあい。のご提供する「参加型!健康エンターティメント講演」では、なんとなく知ってるようで知らない、知って得する内容に、なるほど納得!楽しくてタメになり、笑いで会場が一体となるような講演をお届けします!

進行は、講話に実践を交えながらの参加型の講演スタイル。

心とカラダの健康について、できる限り簡単に、わかりやすくお話しながら、全員参加のクイズや、健康チェックなど、まるでTVの健康番組のように楽しみにながら、皆さまに役立つ実践的な内容をプログラムしています。

皆さんが、日々実践でき、無理なく継続できる「健康のコツをしっかりお持ち帰り」いただきます。

プロフィール

 

参加型!健康エンターテイメント講演取材記事はこちら→

ダウンロードはこちら(PDF)iwalk

 
[みのわあい。からのお知らせ]

みのわあい。の「参加型!健康エンターテインメント講演会はリアルでの開催・オンラインでの開催、またハイブリッド開催も承っております!お問合せフォームよりお早めにご相談くださいませ。

5月17日発売!著書『骨盤革命』(自由国民社)1日1分の骨盤スクワットで美姿勢になれる!
全国書店、Amazonにて好評予約受付中!


健康習慣をアップデートしよう!!
「見るだけで!」からだが変わる日めくりカレンダー
(1ヶ月分の日めくりで繰り返し使えます)
好評発売中!

友だち追加
iwalkみのわあい。の無料のLINEレッスン講座
1日1分でできる運動や、季節に役立つ健康情報をお届けしています。

友だち追加
LINEから@iwalkで検索!
現在、約500名の方が受講しています!

-講演テーマ(演題)
-, ,