letter

春の伊豆半島、伊東お散歩写真

07 4月
by aiminowa, posted in Blog, News, letter   |  コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

石神井川(板橋区)の桜並木をお散歩

04 4月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

東京に住んでいた時にみつけたお気に入りのお散歩スポットです。

帝京病院近くの石神井川沿いのお散歩。
見事に桜が咲きます。

大迫力の桜が続きます。
(すべてリコーGR 写真はクリックすると拡大します。ぜひ拡大してご覧ください。)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板橋方面に歩くと、また夕日に美しい桜に出会えます。
毎日忙しさに追われていたひとときの安らぎだったなぁ。と当時を思い出し懐かしいお散歩になりました。

伊豆半島からの日の出

01 4月
by aiminowa, posted in Blog, News, letter   |  コメントは受け付けていません。

その先には大島がある伊豆半島からの日の出です。

270度、パノラマに広がる海岸線での日の出。

日の出の瞬間からみたのは、はじめての経験。

薄暗い空から、燃えるように真っ赤な太陽が、

小鳥たちがざわめき、なんとも言えない時間、まさに感動です。



小室山のつばき鑑賞会

12 2月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

18日からですが、そのタイミングはこちらにいないスケジュールなので、お散歩がてら様子を見に出かけました。

国道からの歩道、ガタガタだったのが改修されていて、歩きやすくなっていました。


2月18日から3月上旬まで開催しています。





鑑賞会の時期に入ると、椿の花が満開になるんだろうな。


iwalkレター1月2月号

11 2月
by aiminowa, posted in Blog, News, letter   |  コメントは受け付けていません。

1月2月の合併のiwalkレター発刊しました。


1月1日 初日の出(伊東)

今年も宜しくお願いします。




1・2月のiwalkレター 目次

>>活動

■昨年の活動ご報告 こちら

■マイロハスで「四股ふみエクササイズ」が紹介されました。こちら

■2月28−29日にウェルスダイナミクスのプラクティショナー養成講座の講師をつとめます。詳細はこちらからご確認ください。

>>伊豆/伊東のお散歩

鉄板焼きの「池田」へ

■小室山つばき園のつばき鑑賞会を事前リサーチ



>>旅

奈良の旅〜あっとウォーキングコラム〜(1月)&編集後記はこちら

湯の山温泉(三重)へ



>>趣味

■私の旅のお伴、私のカメラコレクション こちら

(かなり気合いの入った記事です。)




<バックナンバー>

11・12月のiwalkレターはこちら http://iwalkwith.me/2011/12/20/iwalk1112/

10月のiwalkレターはこちら http://iwalkwith.me/2011/10/31/iwalk-11/

9月のiwalkレターはこちら http://iwalkwith.me/2011/09/30/iwalk-10/

8月のiwalkレターはこちら http://iwalkwith.me/2011/08/30/iwalk-9/


奈良の旅、続編

11 2月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

奈良の旅、編集後記です。

あっとウォーキングの旅コラムで紹介しきれなかった写真やコメントです。

「健康第一」の薬師寺

自分では気に入ってるのでが、こういうポーズ↑をとった写真は最近ははやらないようですね。。。

 

一眼レフの望遠(ニコンボディーにシグマレンズ)をちょいと拝借しまして・・・やはりいつもと違う写真・・・けど、このレンズ重すぎる

さすが、こういう感じに撮れるのですね。

私はこの瞬間から、アフリカのサファリに行きたくなりました!

おだやかに鹿のたわむれを撮影してましたら、鹿のバトルがはじまりました。

どすん!と衝撃の音!

わー、怖かった。(あ、こういう写真 ↑↓を旅コラムに載せた方がよい=リアルであるというご意見も多々頂きますが。。↓拡大すると表情があきらかに)

後半は奈良ホテルの紹介

本当に素敵な時間が流れるホテルでした。おすすめです。

ここはティーラウンジ

その奥にあるバー(夜に撮影しました)

かなり雰囲気があります。

食事のときに頂いた残りのシャンパンをこちらで。

一人なんで、ハーフです。


メインダイニングにあるスタンウェイのピアノ(大正時代のものと伺いました。)

改修(?というのかな)されたので、ピカピカです。

こちら朝食は奈良といえば茶粥ですが、ほうじ茶ではなく緑茶の茶粥でした。

美味しい。


続いてお部屋

なんと後日分かったことですが、私の泊ったお部屋は、オードリーヘップバーンも泊ったお部屋だそうで、いつも取材などに使う部屋だそう。(上等な部屋に泊ったのですね・・)

電話、かわいらしい。

これはチェックアウト前に撮ったお部屋なので多少乱れておりますが、

お許し下さいませ。


以上、奈良の旅でした。

奈良は、今回薬師寺しか行けなかったのですが、今度、唐招提寺に行きたいと思っているので、奈良続編があると思います。

お楽しみに。

 

iwalkレター1月2月号

鉄板焼きの「池田」

10 2月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

伊東の鉄板焼き「池田」へ

今年は、私のスケジュールの都合がありお誕生日会は開催せずですが、みなさんからは、たくさんのあたたかいお言葉、メッセージを頂きありがとうございました。

お誕生日に、伊東にある鉄板焼きのお店「池田」へ連れて行って頂きました。お昼から一番贅沢なフルコース!伊勢エビ、アワビ、黒毛和牛でございます。なんといっても人生初「アワビの肝」、新鮮でないと頂けないすね。

最高でございました。


(アワビ、動いてます。)


(手前が肝です)


鉄板焼きって、美しい。職人技を目の前で見せてもらえるから、その時間も全部がご馳走になります。

その職人技、写真でどうぞ



シメのガーリックライスも最後はさらっと頂けるようになっていて、食べきれないはずが、しっかり完食です。

ごちそうさまでした。


==============

TEPPAN 池田

http://www.teppan-ikeda.net/


iwalkレター1月2月号

カメラコレクション

03 2月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

普段話す機会がないので、あまり知られてませんが、私は写真館の娘でございます。おじいちゃんのときから。父は引退して今は、依頼があれば、カメラマンをしておりますが。

おじいちゃんのお店には暗室がありました。幼稚園のころ、暗室の片隅で、おじいちゃんとおばあちゃんが、作業しているところに一緒に居たりして・・真っ暗で何もみえないのに、どこに何があるのか分かるのって、すごいなーって、すごく不思議でした。

カメラや、写真には小さい頃からなじみがありましたし、小学生のときから、撮ってくる写真に文句をつけられ・・・これを指導というのでしょうか。小学生の修学旅行のときは反抗してカメラは持って行かず、友達のカメラのフィルムを貰うという・・つまり商売の方にすでにまわっておりました。

全然詳しくないので、カメラ用語もほとんど分からないのですが、写真は好きです。切り取った絵から思い出が蘇ったり、その人の人生のシナリオがあったり・・・そして、カメラによって違う絵を楽しんでいます。ただ、はじめての旅先で、あまりに写真にすると素晴らしい風景に出会うと、写真撮るの必死になって、その場を楽しむこと、観光を放ったらかしにする傾向があります。そういうときは「また来るから。」と自分に言い聞かせないとね、せっかくですから。

デジタル一眼レフは一台も所有しておりません。コンパクトデジカメのコレクターになろうかと思っていないのですが、最近なぜかカメラが集まってきます。私の手元にございますカメラたちの初お披露目です。

期待に応えてくれるカメラ、期待を裏切ってくれるカメラ、確実に撮ってくれるカメラなど、私の高級おもちゃたちをご紹介します。

(友人に素晴らしいカメラマンたちが、沢山おりますが、この記事は、彼らから突っ込みが来そうな・・・でも、このブログ記事には、コメント欄を設定してませんので、ひとまず安心。あくまで個人のつぶやきとしてお読み下さい。)

リコーGRデジタルⅢ

1年ぶり。新たなルートで私の手元にやってきました。シリーズとしては新しく4が出たばっかりなのかな。単焦点レンズで明るい。これ、ズームが効かないことをデメリットと考えれば、今どきの便利さとはかけ離れてるのだけれども、簡単には、ズームが効かないなら自分が動けばよいのです。なんというのか、便利さというのは味わいがどんどんなくなってくるんだなということを感じます。本来、人間は人間の速度でしか変化できないのにね。

なんといってもリコーは、カスタマーセンター。修理で持ち込んで伺ったときからリコーという会社のファンになりました。ここのカスタマーセンターのスタンスが好きです。カメラをずっと大切にして使いたい。って本当に思います。


 

( ↓ ハワイ  2010年のときのGRで)

 

 

カタログの写真みたいですが、全部私の撮影です。うーん美しい写りするね、このカメラ。GRが戻ってきたとなると他のカメラを使わなくなる可能性が。。。


FUJI X10

こちらは、昨年秋に発売されたもの。私の手元に届いてからはまだ2週間くらいかな。

なんといってもこのカメラの電源スイッチ、どこにあるのか10分試行錯誤しても分からなかったです。レンズのところをきゅっとひねるのですが、この電源の入れ方がなんとも。そして、そのままレンズのところをひねりながら、ズームが出来ます。

レンズカバーというものをつけてもらって、さらに大げさなカメラになってしまいました。かなり重量感がありサイズもコンパクトとはほど遠い位置にあるこのカメラ。両手でしっかり撮るカメラ。こう片手でね、雑に撮らないまじめな感じがよいのです。

金属部分もかなり丁寧な感じに仕上げられていて、愛着をもって大切にしたくなるそんなカメラです。

写りは、まだ実感がないです。が、これは期待値を超えてきそうなよいカメラかもしれないです。


(何げないスナップが絵になる?!かも)




Panasonic LUMIX LX3

広角レンズぶりが素晴らしい。明るくてぜったい失敗のない写真が撮れるカメラは信頼度抜群です。失敗のないというのは、誰かに「撮って」とお願いしたときの失敗がない。使う人を選ばない。人に因らないカメラという点で絶対にはずせない。

この広角レンズは、集合写真には欠かせないカメラ。被写体から離れずに撮れます。お見事。

約1年ほぼ、毎日バッグに入れてる愛用カメラ。かなり使い込んで傷だらけです・・こちらも操作性が気に入ってます。ボタンではなく、スイッチの感じだとか、ああ、カメラ触っているという感じです。

確実性のあるカメラ。お仕事の記録用にはとても信頼を置いています。

(夜の照明が暗いお店でもフラッシュせずにこの明るさ。この広角に慣れると他のカメラで不都合を感じてしまいますが・・・)


(被写体の皆様、ご協力ありがとうございます。ちょうどこの写真をとっているときに、この場所から撮れるの?と言われみんなに驚かれたのでこの写真を採用しました。)


リコーGX200

作りすぎてない色合いが好きです。カメラをいろいろ使うと分かるのですが、メーカーの好みで、かなり調整されるんですね。

このカメラは、シャープすぎない印象で、全体的にゆるーい感じが好きです。ぱっと派手な鮮やかな写真という印象の写真になったことはないですね。

それにしてもこの数年でカメラ技術が進んだことが分かります。手持ちの中では一番古いのかな。それなりにノスタルジックな写真が撮れるのも魅力。今のデジカメが高性能すぎて、なんでもかんでもくっきりはっきり綺麗すぎる絵がよいとされてるのかな。でも、こういう絵が欲しくいときもあるんです。

偶然ですが、他のカメラでも撮影していますが、朝日や夕日は、このカメラで撮った写真を自然に選んでしまっています。

( ↓ 今年の日の出の写真)

( ↓ 伊勢志摩の夕暮れ)


リコー CX5

マクロズームが魅力のこのカメラは、私の知り合いの子どもの小学校4年生の手元に渡ってます・・・小学生にしては上等なカメラを持たせすぎですな。

明るさがイマイチと感じながら、マクロズームは、楽しい。写真家になったような写真が撮れますね。これからの季節にやっぱり欲しいなー。何かと交換してあげよう。




ちなみに、これらのカメラのうち、リコーの2つとパナソニック、つまり、FUJI以外は同じバッテリーなんですね。なので、充電器ひとつでいいですし、いざというときも安心。

カメラ知識なさすぎるのですが、写真をめいっぱい楽しんでいる個人のコンパクトデジカメ感想でございました。

今、狙っているのはシグマのコンパクトデジカメ。難しいからやめといた方がいいと言われて、ますます触ってみたくなっています。

あと免許もとったので、車が来たら、同時に一眼レフがやってくる予定。一眼レフのレンズカタログを見て、カメラの人には当たり前なのだろうけど、マルチレンズより、機能が専門的なレンズの方が圧倒的に高いんです。桁が違っていて驚き。

これは、なんでもできるは安いってことなんだけど。でもこれが人でも同じかと思うと、ちょっとおそろさを覚えました。話がそれました。

一眼レフ は、はまると、それはきっと大変なことになると思うので、そこそこにしておきたいのですが、奈良の編集後記に載せたシカの写真が気に入っていますが、これ がめちゃくちゃ重たい望遠のレンズ(シグマの)でした。でもこういう自然な絵が撮れるのね。と思って、私はあまり人物の表情とか撮らないんだけど、きっと これ一眼持つと撮りはじめそうな予感。

湯の山温泉へ

01 2月
by aiminowa, posted in Blog, letter   |  コメントは受け付けていません。

いつもいく温泉、お宿はだいたい決まっているのですが、今日は気分を変えて、違う温泉地へやってきました。お部屋にあるお風呂は大きくて大満足。雪がぱらつく寒い日でしたが、しっかりあったまってぐっすりとお休みできました。

お食事です。

(新しいカメラのテストです。FUJI X10どうでしょ?)

お部屋のお風呂、お湯がよかったです。

帰りに美術館「パラミタミュージアム」に立ち寄り、特別展として、奈良にある飛鳥園の仏像写真展が開催されていました。12月に奈良の旅をしてきたばかりですが、仏像は、写真になるとさらに美しさが増すように思います。どうしてでしょ?


(ミュージアム前で。寒い・・・)

こちらでは、池田満寿夫氏の「般若心経シリーズ」作品を常時展示しています。

入り口ロビーにある美術関係の本が閲覧できる図書ルームの本は、マニアックです。

ライカのカメラで日本でカラーフィルムではじめて写真を撮った木村伊兵衛という人物の写真集に 載っていたパリの夫婦が町を歩いているなにげない写真のその女性の足下がなんともエレガントで印象的でした。ポーズをとっていない、歩いている姿があんな に美しいなんて、素敵な女性であるに違いないです。(少し話しがそれましたが)


池田満寿夫美術館といえば、私のメンテナンス処「妙楽湯」の近くに池田満寿夫記念館があるようなので、今度お出かけしてきます。

=======

パラミタミュージアム

http://www.paramitamuseum.com/

池田満寿夫「般若心経」シリーズ

http://www.paramitamuseum.com/collect/ikeda/ikeda.html


飛鳥園(奈良)http://www.askaen.co.jp/


iwalkレター1月2月号

マイロハスで四股ふみエクササイズが紹介されました

29 1月
by aiminowa, posted in Blog, News, letter, メディア掲載   |  コメントは受け付けていません。

 

働くロハス女性のONとOFFを応援するサイト「MYLOHAS」にお正月太りに効くお相撲さんストレッチ「四股ふみ」が紹介されました。

http://www.mylohas.net/lohasnews/2012/01/post-319.php

12月講座に取材入って頂きました。ご参加の皆様ご協力頂きまして、ありがとうございました!


Page 1 of 3123